メイン画像
HOME > 財閥系低位株

財閥系低位株

低位株とは、単純な意味だけ述べると「安い株」です。しかし、ここで語りたいのは「財閥系」の低位株です。

単なる低位株はしばしば「ボロ株」などと揶揄されますが、財閥系低位株はそうではありません。

財閥系は、グループ企業を倒産させないという性質がしばしば見られ、結果「資金を圧迫せず、安定性を備えた株を保有できる、というところにつながります。

ここでは、注目すべき銘柄のひとつとして、そんな財閥系低位株を取り上げます。

「財閥系」「低位株」

銘柄選びの狙い目として、低位株(一株当たりの単価が低いもの)と財閥系を一つに挙げてみます。過去のデータから株価が100円前後の低位株ほど倒産…

同業他社と株価①

景気が回復していき、企業業績が上昇傾向にあっても、我々にはその実感はあまりないように思われます。どうやら大企業、中小企業、個人の順番で実感…

「PER」と「PBR」

銘柄を選ぶ際に参考になるのは年4回発行している「会社四季報」です。業績の伸び率の予想をみて、それからPERを参考にします。PERとは現在の株価…

そのほかの四季報の注目点

財閥系かどうか会社四季報から見極める材料として、名前はもちろんですが、株数の20~30%を財閥系が保有していることが当てはまります。また筆頭…

ピックアップ

ページ上部に戻る