メイン画像
HOME判断の基準 > ナンピン買いの優位性

ナンピン買いの優位性

持ち株の値段が上昇すれば、何も問題はありません。しかし、資金を分割したのは、持ち株の値段が下がることを想定してのことです。特に初心者にとっての含み損は、焦りなってしまいます。「株は下がれば上がるもの」を念頭に、持ち株が下がれば、分割した資金からナンピン買いを行います。

ナンピン買いとは、平均買い付け単価を下げるために同じ銘柄を購入することで、株価が最初の購入時の価格まで戻らなくても、利益を出すことができます。

ナンピンの仕方

ナンピン買いを行うタイミングとしては、年初来安値などを最低ラインとして分割して行うと良いでしょう。ナンピン買いを行うのはあくまでも銘柄を慎重に選んでいることを前提ですが、効果はあります。下がったらむしろチャンスというくらいに思うようにしましょう。

ページ上部に戻る