メイン画像
HOME覚えておきたい > インサイダー取引とは

インサイダー取引とは

株をやるうえで絶対にやってはいけないのが“インサイダー取引”です。

インサイダー取引取引とは、会社関係者及びその友人などが、前述の会社の株式上場などの重要事項を世間に公表されるより前に知っていたのにも関わらず、該当の株の売買を行うことをいいます。

このインサイダー取引を行うと証券取引法に違反し、逮捕されます。逮捕され起訴されると5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金に処されます。

なぜインサイダー取引がいけないかというと、例えば、情報を知らなかったために該当の株を安く売ったのに、直後に該当株が急騰し得るはずだった利益を得ることができず、代わりに情報を知っていた者が該当株を買い当然のように利益を得るというように、不当に利益を得てしまうためです。

ちなみに、今はさらに規制が厳しくなったため、利益を得なくてもその行為を行っただけで罪となります。

ページ上部に戻る