メイン画像
HOME覚えておきたい > 一喜一憂しない

一喜一憂しない

株式投資のネット化により、以前より手軽に株価をチェックできるようになりました。そんななかでも細かな株価変動で一喜一憂しいなのが大切です。たとえば、株価急騰をニュースか何かで聞いた後では、手を出しても高値づかみになってします。

また下方修正といったネガティブな情報にも同様です。過剰反応してしまうと安易な損切りにもつながってしまいます。

先にも述べたとおり中長期投資なので、ときには情報から遠ざかってみることも必要です。

銘柄選びの心得

身近(生活に密着した会社)だから、選ぶという考えは危険です。また、評論家や専門家のアドバイスもただ鵜呑みにするのではなく、従った場合のリスクを考慮した上で、自分の分析を踏まえて銘柄選びを行ってください。

ピックアップ

ページ上部に戻る