メイン画像
HOME中長期投資 > 投資はやはり自己資金だけで

投資はやはり自己資金だけで

自己資金だけでは足りず、どうしても勝負がしたいというと、確かに借金や信用取引という方法がありますが、お勧めはできません。借金した場合、儲かったときの利益は大きいと思われがちですが、勝った負けたにかかわらず、利子は支払わなくてはならないのです。信用取引でも同様に中長期的に株を長く持っていれば金利はかさみます。そして何より借入金があっては、精神的余裕がなくなってくるのです。

信用取引における更なるリスク

信用取引には「担保」を預ける仕組みになっています。現金か保有株がその担保になります。保有株が担保の場合、その株が値下がりしたとき「保証金」の追加を求められます。これを「追証(おいしょう)」と言います。

ページ上部に戻る