メイン画像
HOME中長期投資 > 初心者の損切りに注意

初心者の損切りに注意

持っている株が下がり、損を承知で売ることを「損切り」または「ロスカット」と言います。確かにさらに大きな損の拡大の前に売ってしまい、別の銘柄の株を購入する資金に充てられるというメリットはあります。しかし、初心者でよく陥るのは株価が下がったとき慌てて投げ売りする「狼狽売り」です。新たな銘柄を選ぶ際、値上げりしている株をつかんでしまう高値づかみになってしまわないでしょうか。狼狽売りのあとは、正しい判断ができないものです。

中長期投資と損切り

中長期投資が当面の目標とする場合、「長期的にこの会社は成長する」という今後の業績(ファンダメンタル)に期待を持ち、慎重に銘柄選びを行って買っているなら、安易な損切りはやはりお勧めしません。

ピックアップ

ページ上部に戻る