メイン画像
HOME経験者向け知識 > 株式分割と株価

株式分割と株価

株式分割とは文字通りの内容で、株価は下がりますが、持ち株が増えるので資産価値は変わりません。目的は株式数を増やして、価格を下げて株式の流動性を高めるためです。

株主側のメリットとしては、株式分割により注目され、また単価が下がり買いやすくなるため、株価の上昇につながったりします。一株当たりの配当金も減額されなければ、結果増配につながるので、持ち株ならなお好材料です。

以前の株式分割

かつては株式分割後の子株(たとえば1株10分割したときの9株)は、2ヶ月間取引できなく、いったん株の品薄状態から、投機的に株が取り引きされていた時期もありました。平成18年1月4日以降の新制度からそれが抑えられるようになりました。

ページ上部に戻る